2009年07月03日

やっぱりそらからオタマジャクシは鳥のしわざ

もっとちゃんとしたニュースないのかな。

空からオタマジャクシレーシック失敗が降る珍現象が各地で相次いでいるそうです。
山形県新庄市沼田町では6月24日、民家の庭で約40匹の
オタマジャクシが見つかったとのこと。
落下の衝撃でつぶれたものもあったが、ぬめりがあり、
落ちて間もないように見えたとか。
写真がグロいんですが・・・。

東京大大学院の樋口広芳教授電子タバコ(鳥類学)は、鳥が空中で
吐き出した可能性を指摘しており、“主犯”と考えられるのは
主にカラスとサギで、共にオタマジャクシをエサとするんですって。

珍現象 空からオタマジャクシ…報道後、なぜか報告急増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000005-maip-soci

埼玉、宮城、長野などでもこのような現象が起きているようで、
それにしても妙ですね。
カラスやサギ説は理解できますが、今までもカラスやサギは
生存していたわけだし・・・。
今までも実は同じような現象はあったのに誰も気づかなかったか、
気にも留めなかったか、真相はどうなのでしょうね。

少し前に、カエル出産一時金も降ったとかありましたが、
わたしとしては、鳥フン以上にカエル落下は困ります。

オタマジャクシって卵から生まれるよ。


posted by ririkko at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。