2009年08月03日

日本人初の宇宙滞在の長さが帰ってきた

宇宙にどうして人は惹かれるのだろうか。

138日もの長き電子タバコに渡って宇宙に滞在していた若田光一飛行士が
無事に帰って来ました。

健康的にはこれから45日間の間、米航空宇宙局(NASA)の決めた手順に従って
毎日マッサージや水中トレーニングを2時間程度こなすそうです。
そして身体に異常が起きていないかもチェックされるそうです。

運動?慣れ?実験薬?若田さんの元気探る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090802-00000078-yom-sci

関係や周りを驚かせたのは今回の長期宇宙滞在から帰還した若田さんが
余りにも元気そうだったという事です。
帰還直後は自分の力で歩行する事が出来ない人もいるのに、
若田さんは自分の足で歩いて会見場に現れたそうです。

若田さん自身も宇宙に滞在中焼肉通販に新しい運動器具で運動をしていたり、
骨粗鬆症を予防する薬を服用していたりといった対策を取っていたそうです。

宇宙ではフワフワした無重力状態の中で生活するわけですから、
急に重力のある世界に戻ってきたら、相当の負担がかかるはずなのに、
どうしてあんなに若田さんは元気なのでしょうね?
理由電子タバコが知りたいところです。


一同は一手みたいな宇宙良好。
posted by ririkko at 08:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。