2009年09月21日

不注意は人の性にしてはいけない気がするね。

あしたからツーリングに行きますよ。

つけ爪はおしゃれに敏感な女性の間でマルコは「当たり前」につけられています。
でも昨年の夏に兵庫県西宮市に住む主婦がつけ爪を付ける時に使用する
接着剤でやけどを負ったとして、接着剤を販売した業者へ指導と処分を求める
措置請求を消費者庁に申し立てる事が分かりました。

その主婦によるとつけ爪を付けようと接着剤のふたを開けた拍子に
内ブタが一緒に外れてしまいない溶液が飛び散ったそうです。
その時に穿いていたジーンズに付着して、そこの部分に
全治約1カ月のやけどを負いました。

この人にはロールケージをつけてもらって安全をアピールしましょう。

付け爪用接着剤で大やけど、消費者庁に申し立てへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090916-00000578-san-soci

でもやっぱりネイルアートしている爪は
とても奇麗で見ていてもとても気持ちが良いです。
ただ服についたら100度まで発熱するような危険な液体を
爪につけても大丈夫なんだろうか?と不安になります。
おしゃれをするのにやけどのリスクを背負ってまで
キレイになりたいと思う人は少ないはず。
問題の接着剤はアメリカ製らしいので、
ここは是非国内で生産した
より安全な物を開発販売してもらいたいです。

参考:ビューティーローズ

お出かけにはお時間がかかりますね。
posted by ririkko at 07:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。