2009年10月26日

城島健司捕手はやはりソフトバンクでしょ

ぜひ、九州のホークスに入団してほしいですね。

マリナーズを退団し帰国している城島健司捕手が、
今後は日本球界でプレーをしたいと表明している事に対して、
以前から阪神が獲得へ向けて動いていました。

あと福岡のヤフードームの芝はいつも掃除機を掛けていますね。

ここへきて古巣であったソフトバンクが城島の獲得へ向けて
動き出したようです。

しかも獲得を表明してからすぐに王貞治球団会長が
福岡市内で城島と会談するというほどのスピード展開に、
つい先日までは単独で獲得に動いていた阪神もビックリした事でしょう。

参考:出産育児一時金

急転参戦!王会長が城島と電撃交渉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091025-00000016-dal-base

ソフトバンクには膨大な資金やチーム編成などの心配材料も多くあり、
城島選手の獲得は一度は見送られるはずでした。
ここへきて急きょ獲得へ動いた理由は球団関係者しか分からない事なのですが、
恩師である王会長から直々にお誘いを受けたら、
一般的に考えても断る事はできないかな、と思ったりします。

それから、城島選手はアメリカでシンプルスモーカーを覚えて帰ってきましたよ。

獲得するための金額も阪神よりは低い提示額を示したと思われますが、
王会長は「お金ではない部分があるから」と、
獲得への自信を覗かせています。

ホークスか阪神かどちらと契約するのか、そして来シーズンどのような活躍をするのかに
注目したいと思います。

王監督に頼まれたら、断れないよね。
posted by ririkko at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。