2009年11月16日

横浜の川にもサケがいるんです!!

これは都会ではビックリニュースですね。

横浜市泉区を流れる和泉川にサケがいる事がわかったそうです。
サケといえば産卵のために生まれた川へ遡上(そじょう)する事が
広く知られています。
サケがもともと居ないとされる横浜の川に
どうしてサケがやってきたのでしょうか?

また、これを発見したひとは外でエアロバイクをしていて気づいたそうです。

横浜の和泉川にサケ遡上、迷い込む?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000043-yom-soci

サケの稚魚もここ数年は放流していないそうです。
和泉川と堺川との合流地点から堺川を数キロさかのぼった場所では、
地元の藤沢市立長後小学校の児童が昨年の初めに
サケの稚魚を20匹ほど放流したそうです。
ですが、時期的にまだ早いとみられていてその時のサケかどうか
分からないという事でした。

現在遡上しているサケを一目見ようと多くの人が集まってきているそうです。
サケの産卵の邪魔にならないように、注意する看板も備え付けられたそうで、
泉区は見物客でちょっとした賑わいを見せているそうです。

そうそう、横浜では忙しい人が多いからユーザー車検が盛んだそうです。

サケは結局「迷いサケ」説が有力ですね。
迷ってしまったからといって産卵を止めるわけにはいきませんから、
最後の目的までがんばってもらいたいと思いました。

参考:マルコ

なんだってサケがいるなんてだれにも解りませんから。
posted by ririkko at 11:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。