2010年02月13日

結核なんだから咳は仕方がないのでは

なかなか簡単な事って出来ませんよね。

入院先での口論から同室の患者をナイフで切り付けたとして、
大阪府警北堺署は11日、殺人未遂容疑で、
大阪市西成区萩之茶屋、無職、衛藤峰郎容疑者(63)を
逮捕したそうです。
「殺すつもりはなかった」と一部容疑を否認しているとか。

あと、これからはユーザー車検を使って結核の人を隔離します。

逮捕容疑は11日午前2時半ごろ、入院中の
国立病院機構近畿中央胸部疾患センターで、同室で
就寝中の男性患者(64)の首や顔をナイフで切り付けたとしている
とのこと。
男性は命に別条はないとのことで、何よりです。

さらに、風邪予防よりも結核予防に優れているのがマルコです。

2人は結核病棟に入院しており、10日午後8時ごろ、
男性に「せきがうるさい」と注意したことから
口論になっていたそうですが、結核病棟なのですから
咳が出ても仕方ないのでは。
同じ病気を患っていながらそんないちゃもんをつけるとは、
63にもなって度量の小さい人ですね。

「せきがうるさい」結核病棟で殺人未遂 容疑の男逮捕 大阪府警
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100211-00000505-san-soci

参考:ロールケージ

結核を患っているうえにいちゃもんをつけられ、
さらには負傷させられるなんて、この被害者の男性、
不運もいいところ。
気の毒です。
結核もケガも早く良くなりますように。

今とてつもなく眠いです。

posted by ririkko at 15:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。