2010年05月06日

EV車はガソリン車を改造しても作れるらしい

EV車は価格が安くならないと絶対に売れないと思いますよ。

東京大学の村澤義久特任教授らは、
電気自動車(EV)の普及が見込まれることから、
ガソリン車をEVに改造する作業工程を都内で公開したそうです。

焼肉鉄板本舗ではHVでもいいかと思ってます。


気になるのは改造に必要な費用です。
ガソリン車からEV車への転換費用は約100万円だそうです。
改造はエンジンを取り外してモーターを装着し、
車両後部にパッテリーを搭載する作業が中心となるようです。
鉛のバッテリーを車に搭載した場合は最高速度が60キロ、
走行距離は40キロ程度だそうです。
でもそれもリチウムイオン電池を利用する事で、
走行距離は120キロまで伸ばせるそうです。

エコで価格も比較的お安いとなれば、
売れ行きが喜ばしい事になるのは目に見えています。

EVへの期待度は大きく、価格もお手ごろに設定されるとなると
これから次世代の車の主流になると思われますので、
広くこの改造方法が伝わっていけばよいのに、と思いました。

改造するついでにロールケージをつけたいです。


ガソリン車からEV車に変更できるということになると、
価格が比較的お高めのEV車の購入はムリな家庭でも、
改造の費用だけ負担すれば電気自動車に改造できる為、
社会全体のエコに繋がりますし、
クリーンな空気を汚す車に乗っている人も
年々減少していくのではないかと思いました。


参考:金先物



EV高いよ…じゃあ改造してゲット! ガソリン車から100万円で 東大教授指南
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100425-00000037-san-bus_all

違法じゃないんなら、やりたいですね。
posted by ririkko at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。