2010年07月26日

脚本家三谷幸喜は来年も売れっ子ですよ!

みたにこうきはずいぶん有名になりましたね。

三谷さんと言えばテレビや映画、舞台など様々なメディアを越境した人です。
2011年を醜態背にするかのごとく怒涛の7作品を生み出すわけです。
きっと“ゆとり”という文字とは無縁の生活が待っているでしょうね。
でもまあ自分が決めた事ですから、是非やり遂げてもらいたいです。

これは前人未到の事なのではないでしょうか。
映画1本に1年かける監督もいるというのに、
その他にも小説を書いたり、舞台をしたり、ドラマも制作したりって、
欲張りすぎのような気もします。

出演するキャストには藤原竜也さん、野村萬斎さんら豪華ゲストが
出演するそうです。

電子タバコ通販本舗|ランニングコストが高い電子タバコを除外した販売店だったら役者もよろこぶ。

脚本家の三谷幸喜(49)さんが、都内で記者会見を行ったそうです。
記者会見の内容は来年には50歳になる三谷さんが、
それを記念したプロジェクト「三谷幸喜 大感謝祭」を開催するという事です。

三谷さんの作品はどれも個性的で面白いユニークなものが多いですよね。
若そうに見えても来年で50歳の大台に乗ってしまうんですね。
それでもその才能は衰える事を知らず、
沢山の作品を世に残す一年になるのでしょう。

舞台が好きな横浜大好きな行政書士の日常ではまた楽しみが増えましたね。

根を詰めて体を壊さないようにしてもらいたいと、
そこだけは気を付けてもらいたいです。


来年1年間の間に舞台を4本、ドラマ1本、映画1本、小説1作と
三谷幸喜さんの人生初となる計7作品の新作を送り出すそうです。
名付けて『最初で最後のアニバーサリー企画』です。


三谷幸喜、生誕50周年の2011年は新作7本で大忙し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000001-eiga-movi

2011年の薬剤師求人専門のコンサルタントが語る業界の裏はあわただしくなるかもしれませんね。

来年も忙しいのはいいことです。
posted by ririkko at 13:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。